閉じる Close ラビットアイブルーベリー くにさと35号

LINE UP

商品ラインナップ

Tie2ケア

Tie2めぐり茶
タイツーメグリチャ

  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
宮崎県産の特別なブルーベリー品種「くにさと35号」の葉茎だけを使用した健康茶です。
健康的な体を維持したい方に注目されています。

Tie2めぐり茶は、宮崎大学との共同研究の成果によって誕生しライフスタイルのなかで内側から健康をサポートする健康茶として開発いたしました。
宮崎の日光がさんさんと降り注ぐ畑で、枝葉だけを収穫する独自の栽培方法によって大切に育てられたラビットアイブルーベリー「くにさと35号」を配合し、特にポリフェノールの含有量が高い秋冬葉を主体に使用しています。
健康成分を逃がさないように独自の深蒸し製法に加え、毎日美味しく飲んでいただくために焙煎加工を加えました。
深蒸し製法と焙煎加工ならではの香ばしさとさわやかな酸味、ポリフェノールの程よい渋みをお楽しみいただけます。

※※※※※※※※※
弊社商品『EDOBIOブレンドハーブティー』も本商品と同じブルーベリー葉を使用したお茶となっておりますのでご検討くださいませ。
※※※※※※※※※

商品詳細

  • Tie2めぐり茶
  • 名称
    ブルーベリー葉茶
    原材料名
    ブルーベリー茎葉茶(ラビットアイ)
    原料産地名
    宮崎県
    内容量
    60g(2g×30包)
    保存方法
    高温・多湿を避けて常温で保管
    お召し上がり方
    STEP1
    ティーポット、急須等に、ティーパッグを1包入れ、熱湯を300cc注ぎます。

    STEP2
    5分間を目安に蒸らしてください。

    STEP3
    カップに注ぎ、お好みで甘味料を加えてお召し上がりください。
    氷を入れてアイスでもおいしくお飲みいただけます。
    使用上の注意
    ●抽出には熱湯をご使用ください。温度が低いと成分を抽出することができない場合があります。●熱湯による火傷には十分ご注意ください。●冷やすとエキス分が白く濁ったり、沈殿する場合がありますが、品質に問題はありません。よく混ぜてお召し上がりください。●開封度はお早めにお召し上がりください。●直射日光を避け、乳幼児の手の届かないところに保管してください。●アレルギー疾患のある方または治療を受けている方は医師との相談の上、摂取してください。●本品で異常を感じた場合は、直ちに摂取をやめて医師に相談してください。●妊娠中・授乳中の方、その他処方箋等を服用の方は事前に医師または薬剤師とご相談ください。

お客様の声

  • 28歳女子/愛知県在住

    28歳女子/愛知県在住

    ブルーベリーのお茶のイメージどおり、ちょっとすっぱい味がとってもクセになりますね!!
    私はハチミツを入れてみたのですが、まろやかな味わいになって、他にも色々なアレンジを楽しめそうです。
    コーヒーはカフェインが気になってあんまり飲めないのですが、ノンカフェインなので安心して飲めます。
    届いてから毎日飲んでいるのですが、日常どのタイミングにも取り入れやすいこのお茶に出会えてよかったです!!
    これからも続けていきます。

  • 30歳女性/東京都在住

    30歳女性/東京都在住

    この度はありがとうございました。カフェインレスな点が冷え症の私には、大変うれしく、また実際に開封すると予想以上に沢山パックが入っており、コスパの良さをかんじました。のむ前に独特の香りがありますが、私は好きです。飲むと苦みやにおいはなく、とてもさらっとのむことが出き、気持ちがおちつきます。寝る前、仕事中にのんでいます。アイスもいいですが、私はHOT派です。

  • 31歳女性/兵庫県在住

    31歳女性/兵庫県在住

    ティーパックだからとても使いやすいです。
    HOTでもICEでもどちらでOKだから、気分によって変えて楽しんでます。
    無農薬栽培ブルーベリー茶葉にはポリフェノールがたくさん入っていて気になっていたので、お茶をのむだけで簡単にとれるのは、うれしいです。
    クセもないし、おいしいので続けていきやすいです。

  • 46歳女性/愛知県

    46歳女性/愛知県

    最初飲んだ時は、「少しクセガあるお茶ね」と思いましたが、今ではすっかり愛飲中です!職場にも水筒に入れて持参し楽しんでいます。

一覧へ戻る