NEWS

お知らせ

  • 2020.06.15

低温熟成醗酵「信州産黒にんにく」新発売!

低温熟成醗酵「信州産黒にんにく」が発売となりました!

長野県で栽培したにんにくを自社で黒にんにく加工しました。プルーンのような口当たりで臭いが少ないにも関わらず、にんにくの約3倍のポリフェノールが含まれるのが特徴です。これからの季節の夏バテなど疲れを感じないように気軽に食べていただけます。

低臭にんにくマイルドエックスを使用

長野県は周辺を山に囲まれた温暖な地域にあります。澄んだ空気、周辺の山からあふれる豊富な水、肥沃な土壌に恵まれて野菜や果物の産地としても知られています。この畑を利用して年間約70トンのニンニクを栽培しています。
一般的にジャンボにんにくと言われる種類のマイルドエックを使用していますので、原料のにんにく自体も臭いが低いものになります。そのため、黒にんにくや粉末で使用するのに適しています。

 

完全自己発酵のこだわり製法

米ぬか液や酢酸などの添加物を使用せず、「温度」「湿度」「風の流れ」を管理し、ニンニクそのものの力のみの完全な自己醗酵で数週間醗酵させます。
弊社の醗酵黒にんにく製品は、酸化防止剤や保存料などの添加物を一切使用していません。

 

ポリフェノールが約3倍にアップ

ポリフェノールは、活性酸素から植物自身を守るために「防御機能」として存在し、抗酸化作用による様々な生理機能の効果が報告されております。
そこで、第7の栄養素といわれている抗酸化物質のポリフェノールの分析を行いました。
黒にんにくにすることにより発酵前のにんにくと比較して、約3倍になります。

 

製品のポイント

  • 低臭にんにくを使用
  • 低温で熟成醗酵したので、ポリフェノールが3倍に
  • プルーンのような食感で臭いも気になりません。

このような方におすすめ

夏バテ予防に、疲れが気になる方に

 

▼【低温熟成醗酵「信州産黒にんにく」 詳細・購入はこちら↓】
https://biolife-jp.com/lineup/none/blackgarlic/

 

一覧へ戻る